日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

English
資料請求はこちらから

会社情報Corporate Information

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

環境保全への取り組み

スーパーストリームは、キヤノンマーケティングジャパングループの一員として「自然との共生」を重要課題として認識し、環境保全に配慮したソフトウェアベンダとしてすべての従業員層において環境への企業責任を果たしつつ、商品企画段階から環境負荷を低減する仕組みを持続し地球環境に貢献していきます。

キヤノンマーケティングジャパングループ環境方針

キヤノンマーケティングジャパングループは、キヤノングループの一員としてマーケティングイノベーションを継続的に行う中で、環境保全活動に積極的に取り組み、持続可能な経済の発展と地球環境との調和に貢献します。
環境保全活動を通じて多くの人々から尊敬される企業を目指すとともに、以下の項目について重点的に取り組んでまいります。

1. 環境配慮型製品・システム・サービスの提供
お客様に、環境に配慮した製品・システム・サービスをお届けします。
2. 商品開発・企画の環境配慮
商品開発・企画において、環境負荷低減と環境配慮に努めます。
3. 汚染の防止
有害化学物質の使用などに配慮し、地球環境の汚染防止に努めます。
4. グリーン調達
商品の仕入れ段階から環境対応に着目し、環境負荷の少ない製品・サービスを優先して調達します。
5. 業務の効率化
省資源・省エネルギー・リサイクル・効率的物流・効率的業務の推進など、業務の効率化に取り組み環境保全活動を推進します。
6. 法令等の順守
環境に関連して適用する法令、及び、その他同意する要求事項を守ります。
7. 社会貢献
国・行政の政策に協力し、また、地域社会への貢献に努めます。
8. 情報公開
環境配慮型商品や環境保全活動について、情報を公開します。
9. 教育
社員一人ひとりの環境意識を高めるため、教育・啓発を行います。
10.環境管理体制の確立
環境マネジメントシステムを構築して、環境目的・目標を設定し、定期的に見直しを行い、継続的改善に努めます。

この環境方針を、社員・役員に周知すると共に、一般にも公開します。

2015年3月27日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
代表取締役社長 坂田 正弘

「ISO14001」の認証取得

スーパーストリーム株式会社は、2009年7月にキヤノングループ統合認証により認証取得しています。

活動内容

今日、地球の自浄能力を超えた物質消費社会は、地球温暖化や海洋汚染など、深刻かつ全世界的な環境問題をもたらしています。それと共にユーザーニーズも変化して、環境を考慮した製品・商品や環境活動に積極的な企業の製品を優先選択して購入する傾向が、社会一般に浸透してきました。

当社は、人間の頭脳力とオフィスコンピュータとの共同作業を核とし、環境にクリーンな事業活動を展開していますが、より積極的に環境問題に対処するため、全拠点において環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、次の3つの側面から実践活動に取り組んでいます。

1. 環境コンプライアンスの遵守
キヤノンマーケティングジャパン株式会社との連携のもと、共通一元的な情報体制により、国や自治体の環境法令をいち早くグループ全体で整理統一された形で受け止め、産業廃棄物の処理などに適正に反映しています。
2. 身近な事業環境での省エネルギー省資源
電力使用量の削減、紙使用量の抑制、事務所内ゴミ分別の徹底を環境目標としてとりあげ、照明・空調機器の効率運用などを実践しています。
3. 環境に優しい製品・サービスのご提供
当社は、企業の財務会計や人事/給与といったバックオフィスを支えるソフトウェアベンダとして、製品をご提供していますが、これら製品の素材である紙・インク・メデイア・梱包材などについても、環境に優しいグリーン調達活動を推進しています。

キヤノンの環境への取り組みについて

共生の理念に基づいて地球レベルの環境保証に積極的に取り組むこと。
それは私たちキヤノングループにとってすべてに優先するテーマです。

「キヤノングループ環境への取り組み」はこちら別ウィンドウが開きます

このページの先頭へ戻る