日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

English
資料請求はこちらから

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

SuperStreamにおけるクラウド対応について

クラウドによるサービス利用

情報系システムから利用者が広がったクラウド環境も、今では基幹システムもクラウド環境で利用する時代です。十分な人員が確保できない中、自社で運用管理を行うのではなく、外部リソースを活用して基幹システムを運用することを検討している企業は増えております。
SuperStreamでは、IaaSやSaaSなど様々なクラウド環境でシステムが利用できる環境を整えております。

パブリック・クラウドのIaaS環境

グローバルで利用企業の多いAmazonが提供している「Amazon Web Services(AWS)」など、よく使われているIaaS/PaaSに対応可能となっており、ライセンスを持ち込むBYOL(Bring Your Own License)で利用することができます。
インフラ環境の運用をクラウドベンダに委託することで、アプリケーションの運用保守に注力することが可能です。
マイクロソフトのMicrosoft Azureなどでの基本動作も確認済みです。

基本動作確認済のクラウド基盤

Powered by Amazon Web Services
Amazon

Microsoft Azure
マイクロソフト

  ※当ページに記載されている会社名、商標名は各社の商標または登録商標です。

パートナーが提供するSaaS環境

1つの企業で環境を占有する「プライベートSaaS」と複数企業でシステムを共用する「パブリックSaaS」に対応しています。プライベートSaaSでは、インターネットVPN環境によりセキュアな状態で接続することが可能で、これまでのオンプレミスによる環境同様、柔軟なカスタマイズに対応することができます。「パブリックSaaS」は、マルチテナント環境のためにカスタマイズは難しいものの、SSLによるインターネット接続で低コストで利用することが可能です。SaaSはすべてパートナーによる提供が前提となっており、利用形態と予算に応じた利用方法が選択できます。

SuperStream-NXをAWSで運用し基幹システムのクラウド化を実現

これからの企業基幹システムにとって、クラウド化はもはや『選択するかどうか』ではなく、クラウドを前提にそれを『どのような形で活用するのか』というフェーズへと移行しつつあります。
SuperStream-NXは当初からクラウドを念頭に開発されており、最近ではクラウド化を前提に、導入をご検討されるお客様も多くなってきました。ここでは、AWS(アマゾン ウェブ サービス)をIaaSとして、SuperStream-NXをクラウドで活用するケースをご紹介します。
Amazon社が提供するクラウドサービスAWSは、その高可用性と高いセキュリティにより、190カ国の100万以上の企業が活用しています。
AWS上でSuperStream-NXを利用する場合、仮想サーバであるAmazon EC2に製品本体をイン ストールし、リレーショナルデータベースであるAmazon RDSに各製品のデータベースを構築し ます。AWSとお客様の拠点はVPNで接続され、セキュリティを維持しつつオンプレミスと変わらな いパフォーマンス(スピード)で使用することが可能です。また、災害時などのBCP(事業継続計画) に対しても、充実したバックアップ機能により、高い安全性が確保されています。
このように、SuperStream-NXをクラウドで活用することで、次のメリットが創出されます。

01.保守/管理業務からの解放

ハードウェアの拡張やリプレース、ソフトウェアのバージョンアップやパッチ適用などの保守/ 管理業務が大幅に軽減され、IT 部門をより付加価値の高い業務へ従事させることが可能です。

02.事業の拡大や縮小に即応

事業の拡大や縮小に合わせ、システムを柔軟かつ迅速にスケールアップ/スケールダウンすることができます。

03.コストの最適化

上記2点に伴うコストダウンに加え、従量課金制のため月額料金などコストの固定化が可能です。 また、IT 資産を所有しないため、「費用扱い」として経理処理することができます。

このページの先頭へ戻る