日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

English
資料請求はこちらから

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

SuperStreamにおけるクラウド対応について

クラウドによるサービス利用

情報系システムから利用者が広がったクラウド環境も、今では基幹システムもクラウド環境で利用する時代です。十分な人員が確保できない中、自社で運用管理を行うのではなく、外部リソースを活用して基幹システムを運用することを検討している企業は増えております。
SuperStreamでは、IaaSやSaaSなど様々なクラウド環境でシステムが利用できる環境を整えております。

パブリック・クラウドのIaaS環境

グローバルで利用企業の多いAmazonが提供している「Amazon Web Services(AWS)」や国内トップクラスのデータセンターを誇る「IIJ GIO」など、よく使われているIaaS/PaaSに対応可能となっており、ライセンスを持ち込むBYOL(Bring Your Own License)で利用することができます。
インフラ環境の運用をクラウドベンダに委託することで、アプリケーションの運用保守に注力することが可能です。
マイクロソフトのMicrosoft Azureなどでの基本動作も確認済みです。

基本動作確認済のクラウド基盤

Powered by Amazon Web Services
Amazon

Microsoft Azure
マイクロソフト

  ※当ページに記載されている会社名、商標名は各社の商標または登録商標です。

パートナーが提供するSaaS環境

1つの企業で環境を占有する「プライベートSaaS」と複数企業でシステムを共用する「パブリックSaaS」に対応しています。プライベートSaaSでは、インターネットVPN環境によりセキュアな状態で接続することが可能で、これまでのオンプレミスによる環境同様、柔軟なカスタマイズに対応することができます。「パブリックSaaS」は、マルチテナント環境のためにカスタマイズは難しいものの、SSLによるインターネット接続で低コストで利用することが可能です。SaaSはすべてパートナーによる提供が前提となっており、利用形態と予算に応じた利用方法が選択できます。

このページの先頭へ戻る