SuperStream スーパーストリーム株式会社

Canon キヤノンMJグループ

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

SuperStreamをはじめとする各種システム・ソフトウェアについて、製品の導入時や購入のご検討の際に弊社によく寄せられるお問い合わせをQ&A形式でご紹介します。

部門別の課題をSuperStream-NXで解決

人事部門の課題

人材力の最大化、最適化

今ある人材力を可視化し、あるべき姿に向けて最大化したい

経営資源の中でも重要な位置を占めるヒト。少子高齢化で労働力人口が減少していく状況の中でも、企業に求められる人材を育成する人事戦略を立案し、自社の戦力として育てていくことが人事部門に求められます。そのためには、今ある人材のスキルを的確に把握し、組織やポジションに応じて求められる姿を定義できるタレントマネジメントの仕組みが欠かせません。

SuperStreamでは、グループ企業全体での人事情報を一元管理し、社員自らが成長できる環境を整備しながら適切なスキル管理を可能にするインフラを提供、人材力の最大化を支援します。

現状とあるべき姿を可視化できるタレントマネジメントを実践

組織や年次、ポジションに応じて求められるスキルは異なります。これらを適切に管理し、企業に最適な人材として育成していくためには、「今の姿(As Is)」が把握できるだけでなく、これからの目標となる「あるべき姿(To Be)」が定義できる仕組みが必要です。SuperStreamでは、これら2つのスキル情報を一元化された人事データベースで管理でき、企業の人事戦略に基づいた高度なタレントマネジメントを実現、企業の戦力となる人材を最大化することが可能です。

資格情報や職歴など一般的なスキルはもちろん、企業独自のスキルを人事情報の基礎データとして定義することで、事業の成長に合わせたキャリア強化が可能です。従業員は自身のスキルを自己申告することで、必要とされるスキルレベルとのギャップを明示的に把握できます。自分の目指すべき姿が示されることで、モチベーションを高めながら効果的にスキルアップを促すことに繋がります。

スキルによる適切な人材配置と評価指標の提示が可能

従業員のスキルが蓄積されることで、必要な部署に必要なスキルを持った人材を適材適所に配置することが可能です。実際の組織案作りの際には、仮想組織の中で自由に人材を再配置するなど人材の最適配置を支援する組織改編シミュレーション機能が役立ちます。また、人事評価の指標として現場の上長に情報をフィードバックでき、従業員一人ひとりに合わせた人材育成のプランの作成にも大きく貢献します。

蓄積されたスキル情報を活用することで、求められる人材像を明らかにし、人事部門として経営に提示するための人事戦略の基礎データとしても役立てることが可能です。スキル情報を含めた様々な人事情報はExcelなどに展開できるため、様々な角度からデータを分析、活用することも可能です。

グループ人事の形成

グループ全体のスキル情報を把握し、人材の最適配置を実現したい

経営基盤を強化するためのM&Aや経営判断の迅速化に繋がる分社化など、企業グループを形成して事業展開を行っている企業が増えています。グループ全体を統括する人事部門では、システム統合によってスキル情報を含めた人事情報の一元化を実施し、グループの中で企業の垣根を越えた人材の最適配置を行うことが期待されているはずです。しかし、企業によってスキル管理の手法やその項目が異なっており、その粒度も企業によって大きく異なります。グループ企業における人事情報の一元管理は困難をきわめます。

SuperStreamでは、制度の異なるグループ各社の人事情報を一元管理し、組織及び企業横断的なプロジェクトで人材リソースの最適化を図ることができます。

グループ全体で人材リソースの的確な把握が可能

経営資源の1つである人材リソースをグループ全体で有効活用すべく、企業単独はもちろん、グループ全体の人事情報を統合することが可能です。最大2万を超える管理項目が自由に拡張できるため、これまでの職歴や経験、スキルなど詳細な人事情報の一元管理が可能になり、人材リソースの選択肢をグループ全体にまで広げることができます。グループ内での人材の流動性を高めながら、適正な人材を必要な組織やプロジェクトに配置することで人材パフォーマンスの最適化、組織の能力開発を通じて人材面からグループ全体の成長を下支えします。

人材の最適配置を可能にする組織改編シミュレーション

人材の最適配置に向けた組織改編シミュレーション機能を利用すれば、グループ全体で新たな組織案や人事異動案を視覚的に確認でき、仮想組織によって試行錯誤しながら最適な人員配置に向けたシミュレーションを行うことができます。仮想的に作成した改変組織案を一括で人事発令に繋げたり、上長の承認を得るための決裁処理としてシステム連動させたりすることも可能です。人事部門の負担を大幅に軽減するシミュレーション機能により、有効な人事戦略を立案し経営層への最適な提案を行う環境を整備することができます。

法改正への対応

マイナンバー制度など法改正へ柔軟に対応したい

年末調整や社会保険の改定などの法改正対応は従来から行われてきましたが、新たに始まるマイナンバー制度への対応は、人事部門にとっても大きな法改正対応の1つ。従業員やその扶養家族のマイナンバーを安全に収集し、収集したマイナンバーを国税及び地方税、社会保障に関連した各種帳票に記載する必要があります。そのためには、国が定める安全管理措置に対応したインフラ作りが何よりも重要です。

SuperStreamでは、人事給与システムとして求められる技術的安全管理措置に対応しており、安全なマイナンバー管理で人事部門の負担を軽減しながらセキュアな環境を提供します。

マイナンバー管理に必要な技術的安全管理措置に対応

マイナンバー制度では、番号はもちろんのこと、免許書など身元確認用の証憑管理も必要になり、安全管理に向けた万全の対策が必要です。マイナンバー制度では、物理的安全管理措置や技術的安全管理措置、組織的安全管理措置、人的安全管理措置の4つの安全管理措置について規定されていますが、人事給与の仕組みについては情報の暗号化などに関係する技術的保護措置が関係してきます。

SuperStreamは、DBへのアクセス制限はもちろんのこと、ログインユーザ単位でメニュー表示を変更することでマイナンバー情報へのアクセスを制限することが可能です。SSLによる暗号通信やマイナンバー情報そのものの暗号化によってセキュアな環境を提供し、ログ監視によってアクセスを厳格に管理します。
※マイナンバー制度対応スケジュール等はこちらをご参照ください。

年末調整や社会保険改定にも迅速対応

生命保険料や損害保険料の控除など毎年行われる年末調整計算や、月額変更が発生する社会保険改定処理など、従来から行われている法改正にも迅速に対応可能です。年末調整では還付金FBデータや源泉徴収票作成、各種法定調書、再年末調整管理など、社会保険管理では月額変更届や算定基礎届、FDデータの作成、社会保険訂正、離職票発行などに対応しています。法定帳票の作成支援を通じて、人事部門の作業負荷軽減に大きく貢献します。

自立型社員の育成

従業員の自主性を高めることで自立型社員を育成したい

人事戦略の立案や人事査定業務、給与関連業務、研修・自己啓発促進、人材採用業務など人事部門には様々なミッションが与えられています。少ない人数で様々な業務をこなすためには、社内の諸届申請や人事情報管理などの業務をシンプルにし、従業員による業務のセルフサービス化を実現したいところです。また、スキルの申告など従業員自らが人事業務に関わる環境を提供することで、自立型社員の醸成にも繋がるはずです。

SuperStreamでは、人事情報に関連したあらゆる諸届を、Web画面を通じて申請することが可能な仕組みを提供します。また、スキルをはじめとした人事情報の照会も従業員自ら行うことが可能になります。

自己申請によってセルフサービス化を醸成

詳細な承認ルートが設定できる諸届・照会フロー機能を標準で備えており、人事部門の要件にあったフローを設定することが可能です。また、住所申請や緊急連絡先、スキル申請、マイナンバー申請などあらかじめテンプレート化された諸届・申請フォーマットも豊富に取り揃えており、新たな申請書類を人事部門で用意する必要がありません。

これらの諸届や申請はすべてWebブラウザを経由して行うことが可能なため、事前に設定した申請承認フローに沿って、従業員自ら各種申請や照会を行うことが可能です。従業員参加型の人事業務を支援することで従業員の自主性を促し、自立型社員の育成にも貢献します。

他にも、給与明細や源泉徴収票などをWebブラウザから閲覧することが可能になり、給与明細の配布に関わる作業を軽減、人事戦略など本来時間を割くべき業務に注力することができます。

このページの先頭へ戻る