SuperStream スーパーストリーム株式会社

Canon キヤノンMJグループ

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

SuperStreamをはじめとする各種システム・ソフトウェアについて、製品の導入時や購入のご検討の際に弊社によく寄せられるお問い合わせをQ&A形式でご紹介します。

部門別の課題をSuperStream-NXで解決

情報システムの課題

内部統制・セキュリティ対応

内部統制を強化し、セキュリティリスクを最小限にとどめたい

標的型攻撃や内部不正による情報漏えい事件など、様々なセキュリティインシデントが世間をにぎわせています。システムの運用管理を行う情報システム部門にとっては、セキュリティリスクを最小限にとどめるためにも、自社のセキュリティポリシーに合致したソリューションを選ぶ必要があります。また、財務会計分野では特に内部統制が問われる場面も多く、アクセスログによって監査できる仕組みが欠かせません。

SuperStreamでは、グループ全体でユーザごとの役割に応じて機能が制限でき、業務の可視化に繋がる厳格なアクセス管理を可能にします。

ユーザ認証によるアクセス制限、メニュー制限を実装

グループ全体で利用した場合でも、ユーザの所属や役職などの属性に応じてアクセスできる範囲を設定することが可能です。会社や部門といった組織へのアクセスはもちろん、科目単位でのアクセス制限も実現。また、ユーザの役割に応じて表示するメニューを自由に指定できるため、不必要なメニューを非表示させることでセキュリティリスクを軽減、アクセス先を迷わせないことで現場の作業効率も高まります。

独自の暗号化でパスワードを管理

パスワードの漏えいを防ぐため、SuperStream独自の暗号化技術を採用するなど、厳格なパスワード管理を行うことができます。パスワードそのものに有効期限や誤入力許容回数、文字種や桁数制限を設定できるようになっており、グループ企業それぞれのセキュリティポリシーに合致したパスワード設定を行うことも可能です。不正アクセスの脅威からグループ全体を強固に守ります。汎用的な「共通鍵」による暗号化にも対応しています。

業務の可視が可能なログ管理機能を装備

内部統制における業務管理や監査を可能にするログ管理の仕組みを実装しています。各システムへのアクセス履歴や実行内容、データ更新内容などが特定できるログを採取しており、業務の可視化を実現。財務会計や人事給与システムで取得したログを一元管理できるログ管理機能を備えており、万一セキュリティインシデントが発生した場合でも、取得された詳細なログを解析することで原因究明を迅速に行うことができます。

データ保護を実現する強力バックアップ

SuperStream-NX専用のバックアップツールを用意しており、会社単位でデータの取り込みや抽出が可能です。グループ企業ごとに運用体制が異なった場合でも、必要に応じてインポート/エスクポートを行うことで貴重な情報の保護を可能にします。GUI操作で任意の情報をバックアップできるだけでなく、ジョブ管理ツールなどからバックアップが自動実行できるようバッチファイルの作成も可能です。

クラウドによるサービス利用

ソフトウェア資産を持たずに基幹システムを運用したい

情報系システムから利用者が広がったクラウド環境も、今では基幹システムもクラウド環境で利用する時代。十分な人員が確保できない中、自社で運用管理を行うのではなく、外部リソースを活用して基幹システムを運用することを検討している情報システム部門は増えています。

SuperStreamでは、IaaSやSaaSなど様々なクラウド環境でシステムが利用できる環境を整えており、情報システム部門に求められているITコストの削減に貢献。クラウド移行をスムーズに行う環境を提供します。

パブリッククラウドのIaaS環境

グローバルで利用企業の多いAmazonが提供している「Amazon Web Services(AWS)」や国内トップクラスのデータセンターを誇る「IIJ GIO」など、よく使われているIaaS/PaaSに対応可能となっており、ライセンスを持ち込むBYOL(Bring Your Own License)で利用することができます。インフラ環境の運用をクラウドベンダに委託することで、アプリケーションの運用保守に注力することが可能です。マイクロソフトのMicrosoft AzureやIBMが提供する「IBM Cloud SoftLayer」などでの基本動作も確認済みです。

パートナーが提供するSaaS環境

1つの企業で環境を占有する「プライベートSaaS」と複数企業でシステムを共用する「パブリックSaaS」に対応しています。プライベートSaaSでは、インターネットVPN環境によりセキュアな状態で接続することが可能で、これまでのオンプレミスによる環境同様、柔軟なカスタマイズに対応することができます。「パブリックSaaS」は、マルチテナント環境のためにカスタマイズは難しいものの、SSLによるインターネット接続で低コストで利用することが可能です。

柔軟な外部連携

外部システムとの柔軟な連携が可能な仕組みが欲しい

特に決算処理を行う財務会計システムは、販売管理などの業務システムからデータを受け取って仕訳処理を行う必要があり、外部とのシステム連携は欠かせません。外部連携を持たない仕組みでは、EAIをはじめとしたデータ連携ツールの活用や自社開発による外部連携システムの構築などが必要です。できれば柔軟なインターフェースを持った財務会計システムを選択したいところです。

SuperStreamは、外部連携用のツールを別途提供しており、社内の業務システムのみならず、クラウド上で展開している各種サービスとの柔軟な連携を可能にします。

業務システムとの柔軟な連携を実現

SuperStream-NXシステム連携ツールを利用することで、販売管理や購買管理といった業務システムやデータ分析ツールやExcel連携など、様々な外部システムと簡単に連携することができます。GUIを使うことでプログラミングせずにシステム連携を実現し、自動連携によって業務プロセスの効率化を可能にします。新たな仕組みが構築されるたびに連携プログラムを用意する必要がなく、既存システムに手を加えることなくシステム連携できます。

クラウドとのデータ連携を実現

クラウド環境からセキュアな形でオンプレミスのデータを参照・取得したり、クラウドサービス同士のシステム連携に利用したりなど、クラウド環境での柔軟なデータ連携を実現する「SuperStream-NXシステム連携ツール Cloud Connector」を提供しています。サーバとクライアント間のコネクションを確立、維持できるWebSocket技術を利用することで、専用線やVPN環境を用意することなく、クラウド側から特定のフォルダへ安全にアクセスできる環境を作ることができます。

マニュアル作成の効率化

作業手順書などのマニュアル作りを手間なく簡便に行いたい

新たなシステムを導入する際には、利用者に使いやすいマニュアルを情報システム部門が用意せざるを得ないこともあるはずです。実際のマニュアル作りは多くの時間と手間が必要となるため、マニュアル作成のための便利なツールが欲しいところです。

SuperStreamでは、そんな情報システム部門の要望に役立つ運用マニュアル作成ツールを提供しています。マニュアル作成の工数を減らすことで、他の業務に時間を使うことができるようになります。

自社運用マニュアルの作成を支援

自社運用マニュアルを作成するのに最適なツールとして「iTutor for SuperStream」を提供しています。SuperStreamの画面を操作するだけで、自動的に画面がキャプチャされ、さらに自動で吹き出しや説明文が挿入されるなど、マニュアル作成の工数を大幅に削減することが可能です。また、用途に応じて作成されたマニュアルをWordやExcel、動画などにボタン1つで変換し、必要な形式に出力することができます。

このページの先頭へ戻る