日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

English
資料請求はこちらから

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

マイナンバー対応について

2015年10月以降、12桁の個人番号が指定され、2016年1月からは民間事業者でも、労働・社会保険の適用や給付等の社会保障関連の手続き、源泉徴収票や法定調書などの税務上の手続きにおいて、マイナンバーを利用したさまざまな処理を行う必要が生じます。制度開始にあたっては、企業内で業務フローや社内規程の見直し、ITシステムの改修などが必要となります。

今回提供を開始するSuperStream人事給与システムでは、マイナンバー制度で求められている業務要件、およびシステム要件である「技術的安全管理措置」に対応した機能を既存ユーザへバージョンアップとして標準提供することで、従業員のマイナンバーに関する「取得」「保管」「利用/提供」「廃棄」までの一連のマイナンバー関連業務をシステム面でサポートします。

要件範囲とSuperStream提供機能

要件 範囲 SuperStream提供機能
取得 従業員や扶養家族のマイナンバーを収集 登録機能、CSV取込機能、証憑取込機能、チェックリスト、Web収集(人事諸届・照会システム(field/HR)を利用したマイナンバーの申請書を提供)
保管 マイナンバー、および本人確認用データの適切な保存 対象者管理機能、証憑データ管理機能
利用/提供 税務署、健康保険組合・日本年金機構等にマイナンバーを記載した届出書類を提出 社会保険(資格取得・喪失関係)、年末調整(源泉徴収票/支払報告書)、退職所得源泉徴収票 等
廃棄 マイナンバー記載書類の廃棄やデータの削除 予約削除機能
安全管理措置 必要かつ適切な安全管理措置、従業員に対する適切な監督 セキュリティ機能、ログ管理機能、暗号化、バックアップツール

対応スケジュール/時期

一次リリース 2015年8月 (マイナンバー取得、保管に関わる機能をご提供)
二次リリース 2015年11月 (法定調書、ログ管理・バックアップツールなどをご提供)
三次リリース 2016年以降、制度・方針決定に応じて順次提供

SuperStreamマイナンバー制度対応機能 画面イメージ


<field/HR人事諸届・照会システム - マイナンバー申請画面 ->

マイナンバーに関する情報提供サイト

日本法令
株式会社日本法令様(外部サイト)
http://mynumber.blog.jp/archives/cat_746012.html別ウィンドウが開きます

SuperStream人事給与製品におけるマイナンバー対応方針について(動画)

このページの先頭へ戻る