SuperStream スーパーストリーム株式会社

Canon キヤノンMJグループ

コラムColumn

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

第3回 「東ロボくん」

掲載日:2018.10.01
このコラムの読者の皆さんは、「東ロボくん」についてご存じでしょうか?

東ロボくんは、「AI(人工知能)で東京大学に合格させよう」というプロジェクトから生まれました。
プロジェクトは、主に国立情報学研究所が研究・開発を進めた人工知能プロジェクトです。
プロジェクトのスタートは、2011年でした。

プロジェクト開始後から4年後の、2015年6月の進研模試「総合学力マーク模試」で偏差値57.8をマークしました。
これは、MARCH・関関同立の合格圏内であり、かつ、国公立大学も狙える成績でした。
ちなみに、進研模試「総合学力マーク模試」は、5教科8科目で実施されました。
本格的な模試で、10数万人の受験生が受験しました。

偏差値57.8というのは、上位20%に入るほどの優秀な成績です。
つまり、当時の受験生は、80%がAIに負けたことになります。

ところが、このプロジェクトでは、東大合格に必要となる「読解力」に問題があることが判明しました。
すなわち、現在の、「ビッグデータ」と「深層学習」を利用した統計的学習というAI理論では、これ以上の成績向上は不可能と判断されました。
そして、2016年11月にAIによる東京大学合格は断念されました。

私が感心したのは、この時のプロジェクト・リーダーの判断です。
「読解力」に大きな課題があるはずの東ロボくんが、偏差値57.8をたたき出せたことに、大きな疑問を持ったのです。
そこで、研究対象を、「AI」から「人間」に変えたのです。
変えるといっても、180度の大転換です。

研究対象を人間に変えたプロジェクト・リーダーは、2016年から、全国の中高生の読解力を問うプロジェクト「リーディングスキルテスト」を始めました。
その結果出版したのが、『AI vs. 教科書が読めない子供たち』という本です。
この本によれば、短い文章で単純な四択の問題でも正答率が低いということです。

この東ロボくんの話を聞きながら、私は経理担当者のことを考えました。
今の経理担当者で、東ロボくんに勝てる人はどれくらいいるだろうか。
将来ではなく、今のレベルのAIにすら勝てない経理担当者はどれくらいいるだろうか。

東ロボくんのプロジェクトでもわかる通り、今のAIには限界があります。
しかし、東ロボくんは、限界のあるAIとはいえ、8割の人間に勝ったのです。
それは、人間の読解力の方が劣ってきているからです。
もっと読解力を磨けば、まだまだ生身の受験生は勝てるのです。
「敵」に勝つための鉄則は、「敵の弱点を突く」というものですね。
しかし、今の受験生は、「敵の弱点を突く」どころか、「敵の弱点よりも弱くなっている」のです。
これで勝てるわけがありません。

そういう意味で、今のAIの力ではできないことができる経理担当者にならなければ、AIに淘汰される経理担当者になってしまうでしょう。
今のAIにはできないことで、本来経理担当者がなすべきことは、以下のようなことだと思います。
1. 現場とのコミュニケーション能力
2. 非財務情報を財務情報に関連付けての表現力
3. 「絵に描いた餅」ではないビジネスの展望力
いずれも今の日本企業の多くの経理担当者にはできていないと思われることです。
おそらく今のAIにもできないでしょう。
経理はもっと現場に行って、現場で行っていることが、「売上」や「利益」にそのように「関連」しているかを把握して、それを経営に説明して、経理の暴走や判断ミスを防ぐ機能を充実させるべきでしょう。
今のメイン業務である「過去の実績の集計」は、RPA(ロボティクス)やAIに、相当程度取って代わられるでしょう。
その時に、上記の3つができるように、今から変わっていかなければ、「経理担当者」として生き残ることはできないように思います。

バックナンバーを開く

  1. 第15回 「-RPA特集 第11回- RPAは内部統制上問題とならないのか」(2019.11.01)
  2. 第14回 「-RPA特集 第10回- RPAで自動化させるのはだれか」(2019.10.01)
  3. 第13回 「-RPA特集 第9回- RPAを導入する上での留意点(その2)」(2019.09.01)
  4. 第12回 「-RPA特集 第8回- RPAを導入する上での留意点(その1)」(2019.08.01)
  5. 第11回 「-RPA特集 第7回- どのような経理業務に使えるのか(その3:経費精算業務)」(2019.07.01)
  6. 第10回 「-RPA特集 第6回- どのような経理業務に使えるのか(その2:買掛金請求書業務)」(2019.06.01)
  7. 第9回 「-RPA特集 第5回- どのような経理業務に使えるのか(その1:入金消込業務)」(2019.05.01)
  8. 第8回 「-RPA特集 第4回- 日本企業の経理部門になかなかRPAが導入できない原因(その2)」(2019.04.01)
  9. 第7回 「-RPA特集 第3回- 日本企業の経理部門になかなかRPAが導入できない原因」(2019.03.01)
  10. 第6回 「-RPA特集 第2回- 日本で利用されているRPAにはどのようなものがあるのか(その2:国内製品)」(2019.02.01)
  11. 第5回 「-RPA特集 第1回- 日本で利用されているRPAにはどのようなものがあるのか(その1:海外製品)」(2019.01.01)
  12. 第4回 「経理業務とRPA(ロボティクス)」(2018.12.01)
  13. 第3回 「東ロボくん」(2018.10.01)
  14. 第2回 「『使わされる会計』と『使う会計』」(2018.06.01)
  15. 第1回 「楽しい経理」(2018.03.01)

著者プロフィール

中田 清穂(なかた せいほ)

青山監査法人にて米国基準での連結財務諸表監査に7年間従事。
旧PWCに転籍後、連結経営システム構築プロジェクト(約10社)に従事。
その他に経理業務改善プロジェクトや物流管理プロジェクトにて、現場業務の現状分析や改善提案に参画。
旧PWC退社後、DIVA社を設立し、取締役副社長に就任。DIVA社退社後、独立。

このページの先頭へ戻る