SuperStream スーパーストリーム株式会社

Canon キヤノンMJグループ

日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

forum2018_sc_img

日経産業新聞フォーラム
SuperStream Forum 2018
RPAの活用から働き方改革を考える
~未来の経理・人事部門のあるべき姿~

労働人口の減少や働き方改革などにより、経理・人事業務は近い将来AIやRPAに代わられると言われています。未だ大量に存在する単純なルーチン業務はAI・RPAによって劇的に効率化できるでしょう。しかし経理・人事部門の本来の役割とは何なのか。当フォーラムでは、AI・RPAを活用しながら実現する、未来の経理・人事部門のあるべき姿を考えていきます。

ご案内状はこちらpdf




基調講演
『AI失業前夜 ~人工知能が働き方を変え始めた~』

forum2018_speaker
百年コンサルティング株式会社 代表取締役 鈴木 貴博 氏
働き方改革が叫ばれている昨今だが、そもそもなぜわれわれの働き方を変える必要が出てきたのか?そこには人工知能がひきおこす「超生産性化」という新しいタイプの問題が介在している。今何が起きているのか、そしてこれから何が起きるのかをAIと経済の視点から解説いただきます。

KeyNote
『SuperStreamのプロダクト責任者が予測する
「2025年、激変する経理・人事の姿」』

forum2018_speaker2
スーパーストリーム株式会社 取締役 企画開発本部長 山田 誠
AI・RPAの普及や働き方改革など、企業を取り巻く状況は激しく変化し続けています。その中でも2017年のVer.2のリリース、2018年のオフィスロボットのリリースなど、経理・人事部門の業務効率化に貢献するべく着実に進化を続けるSuperStream-NX。当KeyNoteではSuperStream-NXの最新情報と、今後のロードマップを紹介し、さらに2025年までの少し未来のSuperStreamの形を予測しつつ、激変する経理・人事部門の姿を考えていきます。


Program



セッションA セッションB セッションC
15:15~
(30分)
A-1
経理部門の入出力業務を効率化し
「働き方改革」を実現
「SuperStream-NX Ver.2.1」の
最新機能と経費精算機能をご紹介

スーパーストリーム株式会社
鈴木 由將
B-1
経理部門はどう変わる?
事例にみる経営情報基盤構築のポイント

株式会社日立システムズ
伊藤 憲雅 氏
保泉 康隆 氏
C-1
e-文書法対応、業務効率と経営貢献の
両立に成功したスマート会計基盤構築事例

三桜工業株式会社
増田 政臣 氏

TIS株式会社
16:00~
(30分)
A-2
人財活用を可視化する!
人事・給与管理における業務効率化と
人事データ分析活用事例

スーパーストリーム株式会社
木村 洋子
B-2
「攻めのIT」は経理・人事部門から!
~超高速開発ツールを利用した
 導入事例をご紹介~

キヤノンITソリューションズ株式会社
杉本 達雄 氏
C-2
会計業務改革!
導入事例から学ぶ経理部門の価値向上

NECソリューションイノベータ株式会社
現在調整中
16:45~
(30分)
A-3
RPAで経理部門にイノベーションを!
「オフィスロボット(経理・人事)」の
ご紹介

スーパーストリーム株式会社
小林 知毅
B-3
会計業務をもっと可視化したい
企業様必見・必聴!!
『統合会計+グループ経営管理』
活用導入事例ご紹介

スーパーストリーム株式会社
蟹江 和広
C-3
経理承認業務の効率化と
ペーパーレスを実現!
SuperStream-NX e文書対応と証憑管理の
活用事例のご紹介

スーパーストリーム株式会社
瀧 頼子
17:45~
SSUG
SuperStreamユーザの集い「SuperStream User’s Day」

SuperStreamユーザならどなたでもご参加いただける懇親会です。

事前登録はこちら


Sponsors
Platinum
NES CITS TIS Hitachi-systems

Gold
INTEC SCSK Kissei Comtec CIS Suzuyo Mizuho

Silver
exa NEC SSKC qualy Cosmo TWSS Siam Sunnet JBCC SLC Daiko TSOS TOKAI NESCOSS Fujitsu Fujitsu HOPES euglona RAND


お申し込み方法

当フォーラムへのご参加を希望される場合は以下から事前登録をお願いいたします。
ご参加は無料です。

事前登録はこちら




主催:日本経済新聞社

協賛:スーパーストリーム株式会社

-->
このページの先頭へ戻る