日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

デジタルインボイス時代を見据えたインボイス制度最新解説セミナー

seminar_banner_20220209

2023年開始の請求書の適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)や仕入税額控除の要件を満たすために
必要となる電磁的記録(電子インボイス)導入と、請求書電子化の流れは加速する一方で、
企業経理部の実務においては、「請求書フォーマットの変更」や「税額の計算方法の多様化」をはじめ、
業務負荷が高まることが予測されており、効率的に対応できるようにするためにも、
業務領域のデジタル化を検討する企業が増えています。

本セミナーでは、2023年に迫ったインボイス制度に対応するための準備ポイントについて元国税局OBの袖山喜久造先生を
お招きして最新解説をいただきます。合わせて、今年1月に施行された改正電子帳簿保存法、インボイス制度に関わる内容に
ついての令和4年度税制改正大綱も簡単に解説をいただきます。

第二部では、セミナーお申込み時に募集した質問の中から、特に疑問の声が多かった質問に対して、
袖山先生から回答をいただく、一問一答の対談セッションを実施します。

最後に、スーパーストリームより、SuperStream-NXのインボイス制度対応方針について解説します。

下記のようなお悩みを抱えている方にお勧めのセミナーとなっております。
・インボイス制度について情報収集している方
・改正電子帳簿保存法、インボイス制度に対応するためにシステム投資・改修を検討されている方
・中長期的に経理DXを見据えたプロジェクトを推進予定の方
・経理部門の働き方改革(業務効率化)を実践されている方/しようとしている方

皆様のご視聴を心よりお待ち申し上げております。

日時 2022年2月9日(水) 15:00~17:15 (入場開始 14:50~)
参加費 無料(事前申込制)
定員 300名
対象 企業の経営層、経理・財務・経営企画の責任者、ご担当者
※同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
主催 スーパーストリーム株式会社
内容

14:50~
-入場開始-

15:00
-ご挨拶-

15:00~16:00
『消費税インボイス制度を電子化で対応するために』

【講師】SKJ総合税理士事務所・SKJコンサルティング合同会社
            所長・税理士・業務執行社員 袖山 喜久造 氏

2023年10月から始まる消費税インボイス制度、適格請求書発行事業者の登録が2021年10月から始まりました。インボイス制度への対応は、適格請求書の発行と受領両面での検討が必要です。特に受領側においては、電子インボイスにより業務の適正性や業務効率向上などに対応することが望まれます。電子インボイスは電子取引となり電子帳簿保存法の対応も必要となります。本講演では令和3年度の改正電子帳簿保存法の概要、消費税インボイス制度の電子化による対応方法、そして請求書をきっかけとした業務処理全体の業務変革の検討ポイントについて解説します。

[Topics]
・消費税インボイス制度の概要
・改正電子帳簿保存法の概要
・電子インボイスによる対応
・請求書の電子化から始める業務変革


16:00~16:10
-休憩-


16:10~16:30
『対談:元国税局OB、袖山税理士と考えるインボイス制度Q&A』

【講師】SKJ総合税理士事務所・SKJコンサルティング合同会社
             所長・税理士・業務執行社員 袖山 喜久造 氏
       スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部 部長 瀧 頼子

インボイス制度への対応について、「経理現場が疑問・不安に思っていること」「スーパーストリームや袖山先生によく寄せられる質問」から厳選して、一問一答式で袖山先生にお答えいただくセッションをお届けします。


16:30~16:35
-休憩-

16:35~17:05
『インボイス制度への対応に向けて
   ~SuperStream-NXを活用した 適格請求書の受領・発行・管理までの流れとは~』

【講師】スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部 森田 宏美

SuperStream-NXにおけるインボイス制度への対応方針と、
適格請求書の受領から登録、そして適格請求書発行までの一連の流れをご紹介します。

17:05~17:15
-終わりに-

お申し込みはこちら »

sodeyama

袖山 喜久造

SKJ総合税理士事務所・SKJコンサルティング合同会社

所長・税理士・業務執行社員

SKJ総合税理士事務所 所長・税理士
国税庁調査課、東京国税局調査部において長年大規模法人の法人税調査等に従事。
在職中、電子帳簿保存法担当の情報技術専門官として、調査、納税者指導、職員教育等に携わる。
平成24年7月に国税を退職し、同年11月SKJ総合税理士事務所を開設。
税務コンサルティングのほか企業電子化、システムコンサルティングを行う。
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会法務委員会アドバイザー トラストサービス推進フォーラム特別会員 
デジタルトラスト協議会特別会員 一般社団法人ファルクラム租税法研究会研究員

ss_taki

瀧 頼子

スーパーストリーム株式会社

企画開発本部 マーケティング部 部長

平成7年、会計・人事給与の国産ソフトウェアパッケージSuperStreamの製品発売時の初期メンバーとして、
システム導入、サポート業務に携わり平成13年からは11年間製品サポート部門長として従事。
その中で得たご利用者のニーズや業務知識を生かし、平成24年より商品企画・マーケティング部門の責任者として、
ユーザのご要望や市場ニーズ、制度対応を鑑み製品への実装に取組む。
また、SuperStreamのユーザ会であるSuperStream User's Groupの活動においては事務局長として参画。

ss_morita

森田 宏美

スーパーストリーム株式会社

企画開発本部 マーケティング部

2005年にスーパーストリーム株式会社(旧:エス・エス・ジェイ(株))に新卒入社。
入社後は、製品紹介やデモンストレーションなどを担当するプリセールスエンジニアとして、数多くの企業様への提案活動に従事。主に会計製品を担当。
2008年には、マーケティング部門に異動。これまでの経験を活かし、WEBマーケティングや広報、販促物の制作などSuperStream製品全般のプロモーション活動に取り組む。
2018年からは、ユーザのニーズに合う製品・サービスを企画する商品企画に携わる。