日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

「ISO30414」とこれからの人的資本管理セミナー

seminar_banner_20220318

2018年、国際標準化機構(ISO)が、人的資本の情報開示に関するガイドライン(ISO30414)を策定しました。
すでに、一部の大手企業においてはGRIやSASBの基準により情報開示が積極的に行われておりますが、
ISO30414の策定により、今後は、社会的に人的資本の情報開示に対する要求が強まり、
中堅・中小企業も情報開示を行わざるをえない状況になるものと考えられます。

そこで、本セミナーでは、人的資本の情報開示・活用について、次の3点を解説します。

(1)「ISO30414」のポイントと「人的資本の情報開示」の動き
(2)「人的資本の情報開示」の進め方
(3)人的資本情報を活用したマネジメント改革

人的資本の情報開示を効果的に進めれば、優秀な人材を採用しやすくなり、そこで収集された情報を活用することによって、経営体質の改善を図ることもできます。

また、人事情報の一元管理/活用を支援するSuperStream-NXの機能も合わせてご紹介します。

・『ISO30414』に対応するうえで、収集するべき人的資本情報と開示方法について知りたい
・人的資本情報を効果的に活用して、採用強化や経営体質の改善を図りたい
などの関心、課題がある方にお勧めのセミナーです。

皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

日時 2022年3月18日(金) 15:00~16:15 (入場開始 14:50~)
参加費 無料(事前申込制)
定員 30名
対象 企業の経営層、人事・総務・経営企画の責任者、ご担当者
※同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
主催 スーパーストリーム株式会社
内容

14:50~
-入場開始-

15:00~15:02
-ご挨拶-

15:03~15:45
『「ISO30414」とこれからの人的資本管理 ~「人的資本の情報開示」の進め方と情報の効果的な活用~』

【講師】Fフロンティア株式会社
            代表取締役 人事コンサルタント 社会保険労務士 深瀬 勝範 氏

[Topics]
(1)「ISO30414」のポイントと「人的資本の情報開示」の動き
(2)「人的資本の情報開示」の進め方
   ・社外に開示するべき人的資本の情報
   ・開示方法(統合報告書の作成、Webサイトなどへの掲載)
(3)情報を活用した人的資本管理
   ・人的資本の情報開示による採用強化
   ・人的資本のKPI(重要業績評価指標)策定と経営体質の改善
(4)まとめ
   ・「人的資本の情報開示」の法制化の動き


15:45~16:00
『人事情報の一元管理/活用を支援するSuperStream-NXのご紹介』

【講師】スーパーストリーム株式会社 営業本部 コンサルティング部 営業支援課 木村 洋子


16:00~16:10
-質疑応答-

16:10~16:15
-終わりに-

 

お申し込みはこちら »

fukase

深瀬 勝範

Fフロンティア株式会社

代表取締役 人事コンサルタント 社会保険労務士

一橋大学卒業後、大手電機メーカーに入社、その後、金融機関系シンクタンク、上場企業人事部長等を経て独立。
現在、経営コンサルタントとして人事制度設計、事業計画の策定などのコンサルティングを行うとともに執筆・講演活動などで幅広く活躍中。
主な著書に『はじめて人事担当者になったとき知っておくべき、⑦の基本。⑧つの主な役割』
『Excelでできる 戦略人事のデータ分析入門』(いずれも労務行政)ほか多数。

ss_kimura

木村 洋子

スーパーストリーム株式会社

コンサルティング部 営業支援課

スーパーストリームに入社後、セールスエンジニアとして1,000社以上の商談に携わる。
業種業態問わず幅広く提案活動を行っており、お客様のニーズに沿った課題解決方法の提案を行っている。
その他にも製品サポート、パートナー育成等も行なっており幅広い業務経験を持つ。