日本の会計・人事を変える。”もっとやさしく””もっと便利に”企業のバックオフィスを最適化。スーパーストリーム

税務調査への対応とポイント

 アクタスマネジメントサービス㈱/アクタス税理士法人

税務調査とは

税務調査は申告内容が適正であるかどうか確認するために行われます。一般に調査官が会社に出向き、帳簿、請求書、領収書、契約書、賃金台帳などのチェックを行います。
税務調査は以下の2種類に分類されます。


税務調査先の選定と傾向

税務調査を行う法人の選定にあたっては、次のことが考慮されているようです。

なお、赤字法人にも税務調査はあるのか?ということについては、

税務調査の方法

実際の調査は、おおむね次の順序で行われます。

主な調査事項と対応のポイント

税務調査の主な項目と対応ポイントをまとめると次のようになります。
取引の実態を具体的な事実や法律的な根拠をもって説明できるようにしておくことが重要です。


質問検査権について

質問検査権とはどんな権利?

【法人税法153条】
「法人税に関する調査について必要があるときは、法人に質問し、又はその帳簿書類その他の物件を検査することができる
⇒ 納税者の「承諾 」と「協力 」を得ながら行う任意調査

質問への拒否は?

【法人税法162条】
「次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
二 職員の質問に対して答弁せず若しくは偽りの答弁をし又はこれらの規定による検査を拒み、妨げ若しくは忌避した者
三 前号の検査に関し偽りの記載又は記録をした帳簿書類を提示した者」

関連記事